牛すじおでん、卵やタコやコンニャクで低糖質とウマい出汁!

汁物

調理時間:60分以上

下ごしらえをしてある牛すじを使った、おでんです。

しっかり出汁をとったスープに、具材からさらに出汁がでて、シンプルな出汁の味だけではなく、あの「おでん」の味になります。

そして、下ごしらえしてある牛すじをいれます。

下ごしらえしてある牛すじはすでに柔らかく、冷えていれば煮汁ごとプルプルに固まっています。その煮汁には、牛スジ出汁がしっかり抽出済み。余すところなくおでんの出汁になってもらいます。

具材は牛すじのほか、たまご、コンニャク、タコ、厚揚げ、大根、つみれ、練り物(さつま揚げ)を入れます。

低糖質な食材を豊富につかい、糖質制限ダイエットにぴったり。

とにかくおつゆが美味しいです。たっぷり作って、おつゆまで飲んでください。

スポンサーリンク

牛すじおでんの材料

食材

出来上がりの分量

4人前程度。

  1. 牛すじ … 300g 下ごしらえ済みのもの。
  2. 卵 … 4個 ※ゆで卵。
  3. コンニャク … 1枚 ※板コンニャク(200~300g)。
  4. タコ … 200g
  5. 厚揚げ … 1枚 ※豆腐を揚げたもの。
  6. 大根 … 1/3本
  7. つみれ … 適量
  8. 練り物 … 適量 ※揚げたもの。さつま揚げ。
  9. めんつゆ … 50ml 糖質制限対応のめんつゆを利用。
  10. 出汁
    • 水 … 6カップ(1200ml) 
    • かつお節 … ひとつかみ ※タップリひとつかみで。
    • 昆布 … 5×5cm

道具

  • 特になし

牛すじおでんの作り方

1 材料の準備

材料を準備します。

画像には「4. タコ」が入っていませんが、タコも使います。。

2 ひたすら具材の下ごしらえ

ゆで卵をつくる

「2. 卵」はゆで卵にします。沸騰したお湯に卵を投入し、10分。

殻をむいておきます。

コンニャクを下茹でする

「3. コンニャク」は半分にしたあと、斜めに半分にし、三角形に4等分。

画像のように、細かく浅く、包丁で切れ目を入れます。煮込む際に味が染み込みやすくなります。

たっぷりのお湯で、3分、ゆでておきます。

タコを下茹でする

「4. タコ」は大体同じサイズに切り分けて、

たっぷりのお湯で、3分、ゆでておきます。

揚げ物系を下茹でする

揚げ物系、「5. 厚揚げ」と「8. 練り物」を、4人前なので4等分にします。

タップリのお湯で、3分、ゆでておきます。

大根を下茹でする

最後に「6. 大根」、2cmほどの厚さで半月切りにします。

たっぷりの水に大根を入れ、沸かします。沸いたら、水に溶いた小さじ1の片栗粉(分量外)をいれます。

米の研ぎ汁、生米、小麦粉など、でんぷん質のものと煮ると、大根が甘くなります。

沸いたらクツクツと、15分程度ゆでて、そのまま煮汁の中においておきます。

大根は時間がかかるので最後に下ごしらえし、ゆで始めたら次に取り掛かると、時間の節約になります。

結構時間を取られますが、ここをきちんとすると、仕上がりが抜群に良くなります。

大根、揚げ物は効果バツグンです。

3 出汁を取る

大根を煮ながら、「10. 出汁」を取り始めます。

水6カップに昆布を入れ、強火にかけます。

沸騰したら昆布を取り出して弱火にし、かつお節を投入します。そのまま3分。

3分たったら、クッキングペーパーやさらし、アク取り網などで、出汁を濾します。

4 具材を煮込む

濾した出汁に「9. めんつゆ」を加えて火にかけます。

沸騰したら火を弱め、牛すじ、たこ、卵、コンニャク、大根を投入します。

厚揚げ、練り物、つみれ以外をいれます。

弱火でフツフツと、気泡がわずかに沸いている程度で。

煮込むこと40分。

厚揚げ、つみれ、練り物を投入します。

更に煮込むこと10分。

おつゆの味見をしてみてください。少し塩気が薄めで、出汁の味がしっかり効いた、おでんの味になっていると思います。

薄いようであれば、分量外の塩少々で、塩気を足します。

火をとめて、蓋をしておきます。

蓋をしてから1時間以上、置いておきます。時間を置けば置くほど味が染み込みます。

強火でグツグツ煮込むと煮崩れたりして汁が濁ります。味もぼやっとした、濁りのある味になってしまいます。

5 完成

蓋を外し、再度火をつけて温めてから、器に盛り付け完成です。

一気に食べきるならお鍋のまま食卓へ。

お好みで和がらし、柚子胡椒、ワサビなど、最高です。

牛すじおでんのまとめ

ポイントは、

  • 丁寧な具材の下ごしらえ
  • 沸くか、沸かないか、弱火で煮込む

です。

大根の匂い、コンニャクの匂い、揚げ物の油臭さ、タコの色と匂い。

みんな、下ごしらえをせずそのまま使っても、なんとなく料理にはなります。

でも、丁寧に下ごしらえをすると、とてもクリアで上品な、でもしっかりだしの効いた美味しいおでんになります。

煮込みもグツグツと沸かして煮てしまうと、具材が壊れたりして、出汁が濁ってきます。

弱火でふつふつと沸かすと、クリアなまま仕上がります。そして、味もクリアなまま。美味しく優しく具材の味が出汁にでます。 おでん屋さんで食べる 、出汁まですべて飲みたくなる、あの味です。

気をつけたいのが市販の練り物、つみれ。なんとなく低糖質なイメージがありますが、成分表をみると結構糖質が高いものが多く、びっくりするような商品も。結構デンプン、砂糖をつかっています。

でも、さつま揚げのような、練り物を揚げたものを入れて煮込むと、出汁が一気におでんの味になります。

好きだから、とたくさん入れず、加減して入れてください。個人的には入っている方が好きな味です。