めんつゆ、お手軽の万能調味料を糖質制限でも

調味料

調理時間:30分

糖質をカットした、めんつゆです。

めんつゆは本来の「麺のつゆ」だけではなく、だしの味やコクのある甘さを生かして、調味料としても活躍しますよね。

和のレシピでは醤油や砂糖、みりん、出汁がベースになることが多いです。しかし、作る量によって醤油の大さじが1.5倍で…など、計算したり正直面倒。

ので、大体めんつゆで味を適当につけてしまいます。出汁を取らなくても、だいたいそれっぽく、美味しく仕上がってしまいます。

ただ、めんつゆは醤油や出汁に砂糖、みりんで甘みを漬けるため糖質が多いです。ある市販のめんつゆは、

栄養成分表示:100mlあたり、炭水化物が23g

原材料:しょうゆ、砂糖、食塩、かつおぶし、こんぶ/調味料(アミノ酸等)…

ある市販のめんつゆの成分表より

とあり、かなり糖質が多いです 。

ガブ飲みするものでもないので気にするのも神経質かもしれません。

しかし、自分はめんつゆをよく使うので、糖質をカットしためんつゆを作り、常備しています。

スポンサーリンク

めんつゆの材料

食材

出来上がりの分量

出来上がりは500mlのペットボトル1本程度です。

  1. 材料A
    • 醤油 … 300ml(1.5カップ)
    • みりん風調味料 …  200ml(1カップ) ※糖質をカットしたみりん風調味料を使います。
    • 糖質制限甘味料 … 50g ※糖質をカットした甘味料を、砂糖の代わりに使います。
    • 鰹節 … 20g ※多めのひとつかみ程度です。
    • 昆布 … 5×5cm程度
  2. 醤油 … 100ml ※材料Aとは違うタイミングで使いますので、別で計量しておいてください。

道具

  • キッチンはかり(秤)
    • 鰹節はアバウトでも構いませんが、甘味料をしっかり計量するために必要です。
  • こし布
    • リードクッキングペーパー、布巾など。めんつゆを濾すのに使います。

めんつゆの作り方

1 材料の準備

「1.材料A」、「2.醤油」をそれぞれ計量します。

「2.醤油」は利用するタイミングが違いますので、別のカップで計量しておいてください

2 火にかけ、出汁を煮出す

「1.材料A」 を鍋に入れ、 火にかけます。中火、鍋の側面に火が回らない程度で沸騰させます。

側面に火が上がるほどの火力だと、表面の醤油が鍋肌で焦げ、出来上がりが焦げ臭くなってしまいます。

沸騰したら弱火にして、5分ほど静かに沸かします。

沸かすことでよく出汁が出るし、醤油や酒のアルコール分が飛び、まろやかに。

3 火を消し、醤油を追加

沸騰から5分たったら火を止め、 「2.醤油」 を入れます。

最後に火の通っていない醤油を加え、醤油っぽさを加えます。キリッ、としためんつゆになります。江戸前のそばつゆ、みたいなイメージでしょうか。

4 ゆっくり冷めるまで、蓋をして放置

蓋をして冷めるまで放置します。

5 濾す

ざるに布巾を張り、めんつゆを流し入れて濾します。

出汁殻に残っためんつゆももったいないのでしっかり絞ります。お玉などでぎゅーっと抑え込むと良いです。

自分はよく手を洗い、手で絞ってしまいます。

6 完成

清潔な保存容器にいれ、冷蔵庫で保管します。自分はいつも、500mlのペットボトルに保存しています。

塩気もあるので冷蔵、密封していれば長持ちするかと思います。

1ヶ月くらいで無くなりますが、悪くなった、と思った事がありません。

めんつゆのまとめ

糖質制限を始める以前から、笠原将弘氏の「めんつゆ、俺の極意!」 の濃い口めんつゆをアレンジして利用していました。

めんつゆだけで味をつけ、薄い濃いの調整だけでそれらしくなって便利。正直それだけで十分美味しい。時短にもなり、手際がよくなったように感じます。

めんつゆで味を漬けるとなんでもめんつゆ味になりますが、薄味にして追加で醤油、追加で糖質制限甘味料を足したり、別の調味料で味を加えたり。

糖質制限の食生活でサラダをよく食べるようになりましたが、ドレッシングに利用すると美味しいです。

酢とめんつゆで、にんにくとめんつゆで、マヨネーズと…など。

糖質を気にせず使えますし、常に切らさないようにしています。