ハラペーニョのピクルス、ドレッシングやトッピングにも

ハラペーニョのピクルス保存食

調理時間:15分

メキシコ料理には欠かせないトウガラシ、ハラペーニョを使ったピクルスです。

ハラペーニョはトウガラシの中では果肉が厚く、パリッと歯ごたえ、食べごたえが有り、爽やかフレッシュな味がします。

そして、メキシコのトウガラシで名前がハラペーニョ、と名前からなんとなく辛そうなイメージがしますが、日本のトウガラシでご存知、鷹の爪よりだいぶんマイルド。その辛さを料理に使いやすいです。

ピクルスにして保存し、そのままたべてももちろん良いですが、細かく刻んでトッピング、ドレッシングなどに。辛味や食感を、低糖質、糖質制限ダイエットのお供にしてください。

スポンサーリンク

ハラペーニョのピクルスの材料

食材

出来上がりの分量

400ml程度の容量になります。

  1. ハラペーニョ … 10個
  2. ニンニク … 1かけ
  3. 漬け汁

道具

  • 保存容器
    • お酢を入れて保存します。酸、熱に強いガラス瓶や琺瑯など、500ml程度が入る容器。

ハラペーニョのピクルスの作り方

1 材料の準備

材料を準備します。

ハラペーニョのピクルス 調理

2 食材をカットする

「1. ハラペーニョ」のヘタを落とし、5mm程度の間隔で輪切りにします。

ハラペーニョのピクルス 調理

真ん中の軸に辛さの元が多く含まれています。辛さをマイルドにしたい場合は、真ん中を抜いてください。

そのまま容器に詰めます。

ハラペーニョのピクルス 調理

「2. ニンニク」もカットし、容器に詰めます。

ハラペーニョのピクルス 調理

3 漬け汁に漬ける

「3. 漬け汁」の酢、水を計量します。

ハラペーニョのピクルス 調理

酢、水を鍋に入れ、そこに塩、甘味料を入れて、沸かします。沸くまでに塩、甘味料は溶けているでしょう。

ハラペーニョのピクルス 調理
ハラペーニョのピクルス 調理

お酢など酸が強いものとアルミの鍋は避けましょう。アルミが微量ですが溶け出します。

ステンレスや琺瑯、テフロン加工されたものを利用してください。

沸いたらハラペーニョ、ニンニクの入った容器に漬け汁を注ぎます。

ハラペーニョのピクルス 調理

4 完成

容器を密閉し、冷えたら冷蔵庫で保存してください。

ハラペーニョのピクルス 調理

翌日位から馴染んで、美味しく食べられます。

ハラペーニョのピクルスのまとめ

ハラペーニョは、辛さに強い人ならば、単体でバリッと行ける程度。そんなに辛くなく、食べごたえのある触感からピクルスにピッタリ。

辛さを表す単位にスコヴィル値というのがあり、辛さを感じる成分カプサイシンの量から導かれます。 ハラペーニョの値は2500~8000程度で、日本の鷹の爪は4~5万。

なんとなく日本のトウガラシはマイルドな感じがしますが、実は鷹の爪は結構辛いほう。ちなみに、辛いトウガラシで有名なハバネロは10万~35万、ブートジョロキアは100万。どちらもスナック菓子で利用されていましたね。。

そんな辛さは味にパンチをつけられる良い味覚。特にトウガラシをつかったラー油、豆板醤、柚子胡椒などは、料理を刺激的にかえられ、使える対象も広いです。ハラペーニョのピクルスも、常備しておけば調味料、トッピング的に使えて便利です。もちろん、辛いのがお好きならばそのままでも十分食べられます!

糖質については、100g中炭水化物6.50、糖質4.12g(五訂日本食品標準成分表に記載がなく、米国農務省国立栄養データベースより引用)。 野菜としては若干高めですが、果実ですので十分の低糖質です。