クリームチーズ①、MCTやグラスフェッドの脂質を濃く深く

クリームチーズ① 完成保存食

調理時間:60分以上(1日程度)


牛乳は美味しく栄養が豊富なのですが、糖質が高いです。

100gあたり、

牛乳   たんぱく質:3.3g 脂質:3.8g 糖質:4.8g

(ビール たんぱく質:0.3g 脂質:0g  糖質:3.1g)

日本食品標準成分表2015年版(七訂)より

コップ1杯200mlの牛乳はほぼ200gですので、コップ1杯で糖質が10g。糖質制限ダイエットで避けられる「ビール」より多いです。

でもその牛乳から作られるチーズは、作る過程で糖質が取り除かれるので低糖質になります。しかも大好きな人が多い美味な食品。そんな中でもクリームチーズは、牛乳に生クリームを加えて脂質を強化して作られる、さらに糖質制限に向いたチーズで、クリーム状の性質は料理にも使いやすいです。

多用したいクリームチーズですが、せっかく自分達のお腹に入れるものなので、厳選した牛乳を使い、生クリームの代わりに厳選したオイルを使い、作ってしまいましょう。

今回のレシピではエネルギーになりやすいMCTオイルでクリームをつくり、カロチンやオメガ3、共役リノール酸が豊富なグラスフェッド牛乳を使いましたが、牛乳、オイルはお好みで構いません。

発酵させて作るので乳酸菌やビフィズス菌もいっぱい、免疫力向上も期待です!

スポンサーリンク

クリームチーズの材料

食材

出来上がりの分量

出来上がりのチーズの重量が400gくらい。

1牛乳750ml
※MCTクリームで使う50mlと合わせて800ml使います。
2ヨーグルト大さじ3(50ml程度)
※お好みの市販のヨーグルトを。
3MCTクリーム
 MCTオイル100ml
※お好みのオイルでも作れます。
 豆乳50ml
 牛乳50ml
42~5g
※クリームチーズの重量の0.5~1%。
そのまま食べる場合は1%、お菓子などに使う場合は0.5%。

道具

  • キッチン秤
  • 温度計
  • ヨーグルトメーカー
    • 簡単にヨーグルトがつくれます。安いものなら1000円台から。タニタの製品はその他色々、低温調理にも使えて便利。
  • ハンドブレンダー
    • 泡立て器でも。ブレンダーくらいのパワーがあると、オイルと豆乳がすぐきれいに乳化します。
スポンサーリンク

クリームチーズの作り方

1 材料の準備

材料を準備します。

MCTクリームチーズ 調理

MCTオイルを使いますが、その他お好みの健康志向のオイルを使っても作れます。

MCTクリームチーズ 調理

牛乳、ヨーグルトも同様です。

2 MCTオイルクリームを作る

「3 MCTクリーム」を作ります。

  • MCTオイル … 100ml
  • 豆乳    … 50ml
  • 牛乳    … 50ml

それぞれを計量して、容器で合わせます。

MCTクリームチーズ 調理
MCTクリームチーズ 調理

ブレンダーでオイル、豆乳、牛乳を混ぜます。乳化して、生クリーム上になります。

MCTクリームチーズ 調理

3 加熱し、冷ます

「1 牛乳 750ml」とMCTクリームをあわせ鍋に入れ、よく混ぜます。よく混ざったら火にかけて牛乳の温度が85℃になるまで温めます。

「2 ヨーグルト」はまだ入れません

MCTクリームチーズ 調理

弱火でゆっくりと、かき混ぜながら加熱します。

MCTクリームチーズ 調理

15分かけて85℃にするような程度、気持ちでゆっくりと均一に弱火で温めます。

強火で温めると鍋底に焦げ付いたり、ダマができたりします。

85℃になったら火をとめ、

MCTクリームチーズ 調理

蓋をして冷まします。

MCTクリームチーズ 調理

時間がなかったり、せっかちな人は水につけて急冷しても結構です。

MCTクリームチーズ 調理

牛乳を温めることでたんぱく質の粒が大きくなり、発酵時(ヨーグルト)に固まりやすくなります。

4 発酵させる

手で触ってずっと平気で持っていられる程度の温度(45℃)になったら、

「2 ヨーグルト 大さじ3」を発酵容器にいれ、少量(100ml)の冷ました牛乳で溶きます。

MCTクリームチーズ 調理
MCTクリームチーズ 調理

よくかき混ざって均一になったら残りの牛乳をいれて、よく混ぜます。

MCTクリームチーズ 調理

ヨーグルトメーカーにセット。42℃で8時間。

MCTクリームチーズ 調理

ヨーグルトメーカーが細かく設定できない場合、通常のヨーグルトが作れるならばその設定で大丈夫です。

8時間後。しっかり固まり、うまくヨーグルトになりました。

MCTクリームチーズ 調理

クリームチーズ②に続きます。