豚トロポン酢、冷製でもサクサク歯ごたえ

おかず

調理時間:10分

肉、脂、ラー油、ポン酢、ネギ、居酒屋おつまみ感満載。

豚トロは豚のネック(首)の部分で、焼肉ではおなじみの部位。ピンクで脂の筋が細かく入っていて、マグロの大トロのような見た目から、名前がついたそうです。

マグロのトロと色合いは同じですが、焼くと豚トロは、サクサクと歯ごたえがあります。かなり脂身が多い部位なのですが、冷めて食べてもサクサクと歯ごたえがよい。

事前に下ごしらえしておいた豚トロを利用します。多めに茹でてタッパーに保存して置いたものです。

その豚トロとネギを切って、調味料と和えるだけ。茹でたり焼いたり再加熱はしません。

パッと準備できる、お手軽な時短メニューです。

スポンサーリンク

豚トロポン酢の材料

食材

出来上がりの分量

少なめの2人分。「おつまみ」として2人前程度です。

  1. 豚トロ … 100g ※事前にゆでて、冷やしておいたもの。
  2. ネギ … 1/2本 ※量はお好みで。あまり多いと味が薄くなります。
  3. ポン酢 … 大さじ2
    • ラー油 … 大さじ1 ※辛いのが苦手であればごま油で。
    • MCTオイル … 大さじ1

道具

  • 特になし

豚トロポン酢の作り方

1 材料の準備

材料を準備します。

「1. 豚トロ」は下ごしらえ済みのものから、今回用に100gを利用します。 残りは別の料理に使ってください。

「2. ネギ」は1/2本ですが、お好みで増減してください。あまり多いとタレが持っていかれ、豚トロにつく味が薄くなります。

ラー油をつかっていますが、辛いのが苦手であればごま油を。半分をMCTオイルにします。

2 豚トロをそぎ切りにする

豚トロは歯ごたえが強いので、薄くそぎ切りにします。薄く切っても十分歯ごたえがよく、サクサクしますし、タレの絡みも良くなります。

豚トロを細かくすることでタレが良く絡むようになります。

3 ネギを切る

ネギは小口切りにします。みじん切りではなく、小口切りにして、ネギの辛さを活かします。

お好みですが、ちょっと雑な小口切りがネギの辛味がして、乱暴で美味しいです。

4 タレを合わせる

ボールに豚トロ、ネギの半分、「3. ポン酢」、「4. 油」を入れ、よく絡めます。

よく絡めてください。細かい具材にしっかり味が馴染みます。

ネギは全部入れても構いません。

※半分残すのは、盛り付けのときの見栄えのためです。

5 完成

器に盛り付け、ネギの残りをのせて、完成です。

豚トロポン酢のまとめ

居酒屋の付け出しで冷たい豚トロを食べたのですが、冷たくてもサクサクしていたのが印象に残っていました。

今回のレシピも、居酒屋の付出し風で簡単なものですが、簡単な割には肉なので、満足します。

そぎ切りにした豚トロと小口切りのネギは細かいので、お箸でつまんでは食べ、つまんでは食べ、としていると、一皿が長持ちします。また、細かくした具材にラー油の辛味とポン酢の酸味がしっかり絡み、ネギの味も強いので、飽きがきません。

豚トロのタンパク質と脂質、ラー油とMCTオイルの脂質で、糖質制限にもぴったりな一品になっています。

お酒と一緒に、是非どうぞ。