たらこクリームチーズ、低糖質でワインとも良い

おかず

調理時間:30分

クリームチーズ、たらこを和えた、クリーミーで味わい深い一品。

クリームチーズのコクと酸味、たらこの塩味というか出汁、旨味が一体になって、なんとも美味しいです。

料理に味付けとして使ったりしますが、それよりも小皿に出して、ちみちみ、とつまんで舐める事が多いです。お酒泥棒です。

クリームチーズもたらこも低糖質で、脂質が多い食材。量は食べないものでも低糖質だと、糖質制限をしていると、気分がよいです。

もちろん料理にも使えます、野菜スティックにつけたり、ちくわに詰めたりも美味しい。

たらこは生のままで使わず、火を通します。冷蔵ですぐ悪くなることはないですが、清潔な容器に、カビが生えないように保存してください。

スポンサーリンク

たらこクリームチーズの材料

食材

出来上がりの分量

容量で300ml弱、ペットボトル半分より少し多い程度。

  1. クリームチーズ … 200g 
  2. たらこ … 100g
  3. 日本酒 … 100ml(1/2カップ)
  4. レモン … 1/2個

道具

  • 特になし

たらこクリームチーズの作り方

1 材料の準備

材料を準備します。

2 たらこを日本酒に漬ける

「2. たらこ」の皮の部分は、クリームチーズの中に入るとなんとなく食感が悪いので、取り除きます。タラの卵だけの状態にします。

そして、タッパーなどに「3. 日本酒」を入れ、たらこと合わせて、30分ほど置きます。

火を入れる前に、たらこからしっかり酒に味を出して、後から入れるクリームチーズに移します。

アルコールを沸かす時に臭みも飛ばせます。

3 たらこと日本酒を火にかける

たらこと日本酒をフライパンに入れ、火を入れます。日本酒が沸いてたらこが白くなり、十分火が通った程度が目安です。

火を止めて、レモンを絞り入れます。種は取り除いてください。

4 火を止め、クリームチーズを合わせる

まだ温かいフライパンに、「1. クリームチーズ」を入れます。最初は混ざりづらいですが、根気よく、クリームチーズを潰すように、たらこと日本酒と一体にしてください。

5 完成

清潔にしたタッパー、瓶などの容器に入れて、完成です。

たらこクリームチーズのまとめ

たらこはタラの卵で、正確には卵がタラのお腹の中にあるときの卵巣のことです。

一般的には、塩漬けになり味のついたものを「たらこ」と呼ぶのが、しっくりきますよね。

そして、明太子。明太子は福岡でのたらこの呼び名だそう。明太子は「辛いたらこ」のイメージがありますが、辛い明太子は「辛子明太子」で、辛くない明太子は「たらこ」。

辛いものは「明太子」で、辛くないものが「たらこ」のイメージにも地域差がありそうですね。自分の地元では「たらこ」を「もみじこ(紅葉子)」と呼び、「明太子」と言われると辛いイメージです。

そして、クリームチーズ。生クリームを乳酸発酵させて作る、熟成させない水分量の多いチーズです。乳酸の酸味、乳脂肪分やタンパク質のコクが美味しいです。

この酸味や、主たるタンパク質のカゼインは、たらこなどの生臭さをマスキングする効果があります。

たらこは製品によってはなんとなく生臭く、気になる人はNGでしょう。生臭みの成分「トリメチルアミン」を、酸やカゼインが抑えてくれます。

たとえば、ワインは生臭いものに合わないことが多いですが、たらこも合わせるとなんとも生臭いです。

たらことクリームチーズ、両者をあわせた今回のレシピでたべると、白や泡はバッチリ、赤ワインでも大丈夫です。

是非試してみてください。