マダラの真子の煮付け、特大たらこを丸々煮付ける北陸の味

マダラの真子の煮付け 完成おかず

調理時間:45分


寒くなりタラの季節になると、切身はもちろんですが、明太子になっていないたらこ、タラの卵巣も売っています。

親指サイズのスケソウダラ(助宗鱈)ではなく、マダラの特大の卵巣が売っているのを見かけたら、 見た目はかなり気持ち悪いかもしれませんが、、ぜひ買ってみてください。

甘辛く煮付けると最高に美味しい、北陸の冬では定番のおかずです。スーパーの惣菜売り場にも普通に並んでいます。

たらこなのでもちろん低糖質。糖質制限対応の調味料で作ります。

スポンサーリンク

マダラの真子の煮付けの材料

食材

出来上がりの分量

3~4人前。

1マダラ(真鱈)の卵巣500g
2しょうが1かけ
3煮汁
 水300ml(1.5カップ)
 日本酒100ml(0.5カップ)
※糖質0の日本酒で。
 醤油大さじ4
 砂糖大さじ3
※砂糖と同じ甘さの糖質制限対応甘味料で。

道具

  • 特になし

マダラの真子の煮付けの作り方

1 材料の準備

材料を準備します。

真子の煮付け 調理

↓のナマコみたいなのが「1 マダラの卵巣(真子)」。重さは500g程度です。

真子の煮付け 調理

色が黒かったり、赤かったり、白っぽかったり。大きさは400g位から大きいものは1キロオーバーも。

水でさっと、優しく洗っておいてください。

2 真子を煮る

「2 しょうが」は薄切りにしておきます。

真子の煮付け 調理

「3 煮汁」をすべて合わせて沸かしたあと、一度火を止めて1分ほど冷まします。

真子の煮付け 調理

1分したら真子をそっといれて火をつけ、弱火でゆっくり、20分煮ます。しょうがも入れます。

真子の煮付け 調理

急に熱い煮汁に入れると一気に皮が縮んで破れてしまいます。ゆっくりと熱をいれ、なるべく破れないようにします。

わざと破れて花が咲いたようにつくる人もいますが、なんとなく破れていないほうが好みです。

気をつけても破れることがありますが、なるべく被害が広がらないように、沸くか沸かないかくらいの弱火で。

真子の煮付け 調理
真子の煮付け 調理

3 切って再度煮込む

20分たったら真子を一度取り出して、1~2cm幅に輪切りにします。

真子の煮付け 調理
真子の煮付け 調理

火が通っていない場合も、もう一度煮付けるので問題有りません。

真子の煮付け 調理

再度鍋に戻して、また弱火で5分、煮付けます。

真子の煮付け 調理

4 煮汁ごと冷ます

5分煮付けたらタッパーなど容器に真子を取り出し、

真子の煮付け 調理

煮汁をかけて、一度完全に冷まします。

真子の煮付け 調理

冷めるときに煮汁が染み込みます。

5 完成

冷めたら完成。煮汁ごと冷蔵庫で保存してください。

真子の煮付け 調理

再度温めて食べても、そのまま冷たいまま食べても美味しいです。

マダラの真子の煮付けのまとめ

マダラの真子、北陸では当たり前に売っています。関東その他では、白子はたくさん売っていますが、真子はなかなか見ません。それでも冬になるとタラの需要があるので、真子がたまに売られています。

北陸ではこの煮付けがごくごく普通のおかず。以下のように缶詰もあります。

マダラの真子を煮付けると、なんとも美味しい出汁がでます。その出汁が甘辛い煮汁となんとも好相性。

ナマコのような、ちょっと気持ちが悪いかもしれないマダラの真子を見かけたらぜひ買ってみて、煮付けを作ってみてください。煮魚よりも、ぜんぜん簡単に出来ます!