ナスとピーマンの焼きびたし、冷えても香り高いジューシーな味

ナスとピーマンの焼きびたし 完成おかず

調理時間:40分

ナスとピーマンを、香ばしく焼きびたしで。

低糖質な食材を焼いた後、たっぷりの油で炒め、油ごと焼きびたしに。脂質をしっかり摂取しながら糖質制限です。オリーブオイルとごま油で、そしてにんにくもすりおろして香り高い仕上がりに。

冷やして食べますが、油やピーマン、ナスの、食欲をそそる美味しそうな香りがしっかりして、食べると出汁と油でとってもジューシー。そしてにんにくの風味が、鼻を通り抜けていきます。

単純で、低糖質な野菜だけとは思えない、濃厚で満足感のある一品です。

スポンサーリンク

ナスとピーマンの焼きびたしの材料

食材

出来上がりの分量

3~4人前

  1. ピーマン … 5個
  2. ナス … 3個
  3. にんにく … 1かけ
  4. 鷹の爪 … 少々
  5. 出汁
    • オリーブオイル … 大さじ2 ※ピュアオリーブオイルがおすすめです。
    • ごま油 … 大さじ1

ピーマン、ナスは物によって大きさが異なります。カットした後、フライパンに重ならず乗る程度、の量としてください。

エクストラバージンだと、ものによっては冷やすと固まってしまうかもしれません。精製度の高いピュアオリーブオイルがおすすめです。

道具

  • 特になし

ナスとピーマンの焼きびたしの作り方

1 材料の準備

材料を準備します。

ナスとピーマンの焼きびたし 調理

2 野菜を焼く

「1. ピーマン」「2. ナス」をカットします。箸でつまんで食べられる程度に、でも少し大きめにカットします。

ナスとピーマンの焼きびたし 調理

ナスとピーマンの焼きびたし 調理

フライパンに油をひかずにならべ、弱火でじっくり焼きます。5分程度で裏返しながら、合計20分。

ナスとピーマンの焼きびたし 調理
ナスとピーマンの焼きびたし 調理

軽く焼き目が付き、水分が飛んで少し小ぶりになります。

ナスとピーマンの焼きびたし 調理

3 野菜を炒め、出汁にひたす

「4. 鷹の爪」「5. 出汁」をあわせて、火にかけます。

ナスとピーマンの焼きびたし 調理

出汁が沸くまでの間に、焼いた野菜に「6. 油」をかけて、中火で1分炒めます。

ナスとピーマンの焼きびたし 調理
ナスとピーマンの焼きびたし 調理

炒めている間で出汁が沸騰しますので、火を止めます。

ナスとピーマンの焼きびたし 調理

1分炒めた野菜を、沸いた出汁に、油ごと全部入れます。そこに「3. にんにく」をすりおろして、よくかき混ぜます。

ナスとピーマンの焼きびたし 調理
ナスとピーマンの焼きびたし 調理

タッパーなど容器に入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。

ナスとピーマンの焼きびたし 調理

4 完成

冷えたら完成。

ナスとピーマンの焼きびたし 調理

冷える前でもいただけますが、よく冷えてからが美味しい!

ナスとピーマンの焼きびたしのまとめ

今回の焼きびたしもそうですが、冷蔵庫で冷やして保存、常備できる、常備菜。常備してあると便利ですね。

作りたてが美味しい!のではなく、なんとなく馴染んだ感じで、家庭のおかずっぽい感じがほっとします。

冷えたままたべるものが多いので、味をしっかり感じやすいよう、だいたい少し濃い目の味付けにします。また、香りも同じく、冷たくてもしっかり食欲をそそる香りがするように、しょうがとかにんにくを効かせたり。

日々のおかずはもちろんお弁当などにも重宝しますし、晩酌時のおつまみにぴったりです!