コールスロー、クリームチーズと大きめ野菜で食べごたえUP

コールスロー 完成おかず

調理時間:45分

マヨネーズとクリームチーズでまったり濃厚なコールスローです。

マヨネーズで味付けされていることが多いコールスローですが、もともと味がしっかりしたコクのある味です。更にクリームチーズで濃厚さをプラス。

具材も大振りにカットして食べごたえを出しています。

野菜はキャベツだけでなく、大根、きゅうりも使い、たんぱく源としてハムも追加。マヨやクリームチーズの脂質でしっかりエネルギーも補給できる、高エネルギー低糖質な、糖質制限向きサラダです。

スポンサーリンク

コールスローの材料

食材

出来上がりの分量

3~4人前

1キャベツ200g
※芯をとった、1/4個。
2大根100g
※長さの3cm幅、皮をむいて。
3きゅうり100g
※1本。
4ハム50g
※3~4枚。
5ドレッシング
 マヨネーズ大さじ4
 クリームチーズ大さじ3
 酢大さじ1
 マスタード小さじ1
 甘味料小さじ1/2
※砂糖同等の甘さ。糖質制限対応の甘味料を。
 胡椒少々

道具

  • 特になし

コールスローの作り方

1 材料の準備

材料を準備します。

コールスロー 調理

「5 ドレッシング」のクリームチーズは、冷蔵庫から出してすぐは硬いので、分量をあらかじめ室温に戻しておきます。

コールスロー 調理

2 材料を切る

「1 キャベツ」を切ります。大体2cm程度の四角形になるように。

コールスロー 調理

「2 大根」を切ります。2mm程度の厚みでいちょう切りにします。

コールスロー 調理

「3 きゅうり」を切ります。2mm程度の輪切りにします。

コールスロー 調理

「4 ハム」は2cm程度に、大体キャベツと合わせる感覚で。

コールスロー 調理

3 野菜を塩もみする

野菜を塩もみして、水分を抜きます。

カットした野菜をボールにいれ、分量外の塩小さじ1をふりかけて、手でよくもみます。

コールスロー 調理
コールスロー 調理

塩もみした後、30分そのまま置きます。30分経つと、大分水分が出ています。

コールスロー 調理

しっかり水分を絞ります。

コールスロー 調理
コールスロー 調理

塩もみして水分を抜くと、ドレッシングをあわせた後に水っぽくなりません。

4 ドレッシングと野菜をあえる

「5 ドレッシング」をすべて合わせます。クリームチーズも、室温では柔らかく、混ぜやすくなっています。

コールスロー 調理

しぼった野菜とハムをあわせて、ドレッシングをかけます。そして、全体をよく混ぜ合わせます。

コールスロー 調理
コールスロー 調理

5 完成

完成です。

コールスロー 調理

すぐに食べられますが、冷蔵庫で2時間ほど置くと味が馴染んで美味しいです。

コールスローのまとめ

コールスローを食べると、ケンタッキーが頭に浮かびます。

子供の頃住んでいた町にはケンタッキーがなく、そもそも県に一つ、住んでいた町から離れた県庁所在地の町にしかありませんでした。なにか用事があって、家族でその町へ出かけることがあると、たいていケンタッキーを買って帰った思い出が。

チキンはもちろんですが、コールスローも毎回食べていました(赤だか黄色で包装されたとうもろこしも覚えています)。

やっぱりチキンは美味しいので、ごちそうイメージを幼い頃に刷り込まれたケンタッキーですが、コールスローの味もその一部に組み込まれています。酸っぱすぎず甘すぎず、クリーミーな感じ。まろやかな汁気で、無理しなくてもするすると、野菜をたくさん食べられます。

ではコールスローとは何かというと、サラダの一種で、キャベツを刻んで味をつけた料理。

なんとなく、「スロー」は「throw(投げる)」だとおもっていて、なにかを投げる、から名前がついたのでは、と思っていました。

名前の由来はオランダ語の「kool(キャベツ)」と「salada(サラダ)」を短くした「koolsla」から来ているそうで、意味的にはストレートにそのまんま、単なるキャベツサラダなんですね。

このレシピではキャベツに加えて、大根やきゅうりを使っています。

いずれも十分に低糖質で、100g中の糖質がキャベツ3.4g、大根2.7g、きゅうり1.9g。そしてどれもお買い得な野菜です。どれかのお値段が高ければ、安い他の野菜で置き換えてもよいでしょう。

味付けに使っているマヨネーズとクリームチーズですが低糖質で高脂質です。さらにクリームチーズは、チーズなのでたんぱく質も多め(100g中8.2g)。たんぱく質はハムでもしっかり(100g中13.9g)。

以上のように低糖質で、脂質やたんぱく質がしっかり。けっこうガッツリとした、糖質制限ダイエットの強い味方です。