チンジャオロースー(青椒肉絲)、シャッキリ歯ごたえ鮮やかな香り

チンジャオロースー青椒肉絲 完成おかず

調理時間:30分

青椒肉絲。個人的に最高に好きです。

青椒肉絲を作るための、合わせて炒めるだけの調味料も売っていて、作った青椒肉絲を俳優さんが美味しそうに食べるCMを、よく見るような気がします。それだけ人気、需要があるのでしょう。

シャキッとしたピーマン、ザリザリしたたけのこの食感。豚肉の「肉」の満足感。そして何より、中華っぽい香りの中から漂う、ピーマンの青っぽいような、鮮やかな香り。

どれも低糖質な食材なので、糖質制限にぴったり。準備さえしっかりすれば簡単に作れます。

お肉には下ごしらえした豚トロを使っていますが、もちろん生の豚肉からでも大丈夫です。

スポンサーリンク

青椒肉絲の材料

食材

出来上がりの分量

2~3人前。

1豚トロ200g
下ごしらえ済みのもの。
2ピーマン3~5個
※小さいもので5個。
3たけのこ(水煮)200g
4にんにく1かけ
5ネギ3cm程度
※にんにくと同程度。
6ごま油大さじ3
7調味料
 醤油大さじ2
 オイスターソース大さじ1
※低糖質な代用品はこちら
 酒大さじ1
※糖質0の日本酒で。
 甘味料小さじ1/2
※砂糖と同じ甘さのもの。糖質制限対応甘味料で。
8胡椒少々

道具

  • 特になし

青椒肉絲の作り方

1 材料の準備

材料を準備します。

青椒肉絲 調理

2 材料を切る

大体で結構ですが、すべての具材の長さを揃えるイメージで切ります。ただピーマンはほとんど火を通さないので、幅を少し細めに。

「2 ピーマン」は縦半分に切って中身を取り、縦に細切りにします。

青椒肉絲 調理

「3 たけのこ(水煮)」も、食感を活かすため、繊維に沿って縦に細切りにします。きれいに仕上げるため、節を取り除きます(節は味噌汁にでも入れてください!)。

青椒肉絲 調理
青椒肉絲 調理

節を抜いた後、縦に薄切りにして、さらに縦に細切りにします。

青椒肉絲 調理
青椒肉絲 調理

たけのこが余ったら、水につけて保存します。水を毎日変えると傷まず長持ちします。同じ方法で、しょうがも保存できます。

(しょうがはびっくりするくらい長持ちします。。)

青椒肉絲 調理

「1 豚トロ」も細切りにします。油で滑るので、手を切らないように。

青椒肉絲 調理

「4 にんにく」「5 ネギ」はみじん切りにします。

青椒肉絲 調理

青椒肉絲 調理

すべて切り終えました。

青椒肉絲 調理

3 炒める

中華の炒めものは事前準備が大事!

「7 調味料」は全て合わせておき、その他すべての材料を手元にそろえます。

青椒肉絲 調理

「6 ごま油」をフライパンに入れ、火にかけます。火の強さは強めの中火。すぐににんにく、ネギを入れて炒めます。

青椒肉絲 調理

青椒肉絲 調理

ネギ、にんにくが泡立って、いい香りがしてきたら、豚トロとたけのこを入れます。

青椒肉絲 調理

1分、全体をしっかり炒めてフライパンの温度が上がってきたら、フライパンの縁をあけ、じゅわっと調味料を全部入れます。

青椒肉絲 調理

火を強火にします。

全体を絡めて、汁気を飛ばすように、香ばしく炒めます。

青椒肉絲 調理

ピーマンを投入。強火のまま30秒、ざっと絡めながら炒めて、火を止めます。 仕上げに「8 こしょう」を。

青椒肉絲 調理
青椒肉絲 調理

汁気はほとんどないはず。残っていて気になったら水溶き片栗粉を入れてよく混ぜ、再度火にかけて10秒炒めます。

4 完成

完成です。ピーマンがしゃっきり、良い香りです。

青椒肉絲 調理

青椒肉絲のまとめ

青椒はピーマン、肉絲は肉の細切りのことで、ピーマンと肉の細切りの炒めものです。

青椒肉絲は今回のレシピのように、オイスターソースを使った醤油っぽい味に少し甘さがある、なんとなく広東料理っぽいイメージがあります。でも、豆板醤で辛味をきかせた四川料理バージョンも有るようです。

豚肉を使うのが基本で、牛肉で作った場合は「青椒牛肉絲(チンジャオニューロースー)」とべつの料理名になるのが正解だとか。中華料理の「肉」は、単体では「豚肉」を意味していて、中華料理のメニューを選ぶ際の参考にできます。

青椒肉絲のポイントは「ピーマン」。

ピーマンは炒めすぎると香りがしなくなり、食感が柔らかく、ただ苦いだけになってしまいます。レシピでは、肉を炒めた後に30秒だけ、ほんの混ぜ合わせる程度に炒めています。シャキシャキの食感を残して、香りも飛ばない、でも生でない。そのくらいが最高です。

各材料の糖質は、肉は言うまでもないにしても、ピーマン、たけのこも100g中2g程度で、すごく低糖質。調味料にさえ気をつければ、安心安全の糖質制限対応料理です。