豚の角煮、ゆっくり肉の味重視の簡単ほっとき低糖質

おかず

調理時間:60分以上

豚の角煮、豚バラ肉をつかった定番料理です。

豚バラ肉を使った同種の料理に東坡肉(トンポーロー)、ラフテーなどありますが、同じく甘辛く豚肉を甘辛く、柔らかく煮込んだ、とっても美味しい定番料理です。

豚肉を単純に煮込む料理で、手順はシンプルなのですが、世の中の角煮の作り方、レシピはものすごい数。皆さんそれぞれ狙いのポイントがあります。油を抜いてヘルシーに、臭みを取りたい、早く柔らかく、本格的に、など。そして、それを実現するための手順が、もう様々。

そんな群雄割拠の角煮レシピですが、このレシピは、

  • 豚バラ肉そのものを美味しく仕上げたい。
  • シンプルに手数を減らしたい。
  • (もちろん!)低糖質に。

を狙っています。

スポンサーリンク

豚の角煮の材料

食材

出来上がりの分量

4人前以上。

1豚バラ肉1000g
※1キログラム。
2ネギ青い部分
※長ネギの上の部分。
3しょうが1かけ
4煮汁
 水500ml
 日本酒100ml
※糖質0の日本酒を。
 醤油50ml
 甘味料大さじ2
※砂糖と同じ甘さで、糖質制限対応の甘味料を。

道具

  • 特になし

豚の角煮の作り方

1 材料の準備

材料を準備します。

豚の角煮 調理

2 肉を焼く

「1 豚バラ肉」に焼き目をつけます。

まず、3cm程度の幅に肉を切ります。

豚の角煮 調理

切った肉を、脂身を背にしてフライパンに並べ、強火で焼きます。全面が美味しそうなきつね色になる程度。

豚の角煮 調理
豚の角煮 調理

表面をしっかり焼くと煮崩れしにくくなりますし、出来上がりも香ばしくなります。

3 煮込む

焼き目をつけた豚バラ肉を煮込んでいきます。

肉を鍋に入れて、「2 ネギ」「3 しょうが」「4 煮汁」もすべても鍋に入れます。

豚の角煮 調理
豚の角煮 調理

まず強火にかけて沸騰させます。沸騰したら弱火にして、ゆっくり沸いている程度になるよう調整します。

豚の角煮 調理
豚の角煮 調理

そしてそのまま3時間煮込みます。

1時間後。

豚の角煮 調理

2時間後。

豚の角煮 調理

3時間後、火を止めます。

豚の角煮 調理

3時間でトロッと柔らかくなりますが、個人的には固めが好みで、その場合は2時間で十分です。

4 一度冷ます

蓋をして、一度冷まします。

豚の角煮 調理

冷ますことで肉に味がしみます。

一緒に殻をむいたゆで卵に味を染み込ませても美味しいです。

豚の角煮 調理

5 完成

一度冷めたら完成。食べる際に温めてください。

豚の角煮 調理

脂が気になる場合は冷蔵庫で完全に冷やして脂を固め、取り除いてください。

豚の角煮 調理

豚の角煮のまとめ

とろっと柔らかくしたい。

豚の角煮のレシピに多くの人が求めているのは、上記が多いようです。

早く柔らかくするのは簡単で、圧力鍋を使ってしまえばすぐ、ものの10分です。しかし圧力鍋を使って作ると、豚肉のから味が抜けるというか、豚肉が味気なくなってしまいます。

冷ます過程で味は豚肉にしみて美味しいは美味しいのですが、汁の味も豚の味も同じといいますか、豚肉っぽさがなくなってしまい、個人的に気に食わなかったのです。

プロの料理人は蒸したり、オーブンで低温調理したりしているようで、たしかに真似すると美味しくできるのですが、とても面倒でした。

結局落ち着いたのが、最弱火で長時間煮込む、このレシピ。ゆっくり火を通すと肉の味が抜けずに美味しく仕上がります。たしかに時間はかかります。作ってすぐ食べるわけにも行かないので、食べる時間からの逆算が必要になります。でも、ほぼほっときなので、ゆっくり片手間につくれば、そんなに負担になりません。

何の変哲もない「豚の角煮」ですが、単純に豚肉が美味しい、シンプルな低糖質「豚の角煮」です。