ブラックベリーアイスクリーム、果物でも低糖質な濃厚アイス

デザート

調理時間:60分以上

ブラックベリー(かラズベリー、またはミックス)を使った、濃厚な「低糖質」アイスクリームです。

ブラックベリーは果物で、果物は糖質制限的に気をつける必要があるジャンルです。糖質制限ダイエットをする場合、すごく残念な、ストレスの多い箇所ですね。

そんな中で、ブラックベリー、ラズベリーは低糖質なんです。100g中の糖質が、他の果物は10g以上が多い中、ブラックベリーが4.9g、ラズべリーは5.5gです。

そんなブラックベリー、ラズベリーを100gと、濃厚な生クリーム、糖質制限甘味料を利用してつくる、アイスクリームです。

酸味と香り、濃厚なクリーム感、なんともかわいい魅力的なピンク色。

フレッシュな果実感満載で、酸味が濃厚なヨーグルトのような、リッチな感じのアイスクリームになります。

スポンサーリンク

ブラックベリーアイスクリームの材料

食材

出来上がりの分量

80mlのバーで、7本程度(560ml程度)になります。

  1. ブラックベリー … 100g ※ラズベリー、ブラックベリーとラズベリーのMIXでも。
  2. 動物性47%生クリーム … 200ml ※植物性でない、47%近辺の高濃度のものを。
  3. 豆乳 … 200ml ※無調整のものを。
  4. 卵黄 … 2個
  5. 甘味料 … 12g ※エリスリトールスイート5倍を使っています。

低糖質アイスクリームが基本になっています。分量の説明は以下をご確認ください。

道具

  • アイスキャンディーメーカー
    • 時間が経つと固くなりますので、キャンデーのほうが手軽に食べやすいです。
  • ミキサー、ブレンダー
    • ブラックベリーを粉砕します。

ブラックベリーアイスクリームの作り方

1 材料の準備

材料を準備します。

2 卵黄、ブラックベリーをかき混ぜる

卵から「4.卵黄」をボールにとりわけ、「5. 甘味料(砂糖の5倍の甘さ) 」を加えてかき混ぜます。同時に「1. ブラックベリー」も粉砕します。

さすがに泡立て器でかき混ぜることが出来ないので、、ミキサーやブレンダーを使います。

水分が少なくて混ざりづらい場合は、「3. 豆乳」を少し加え、ゆるめてかき混ぜます。

3 生クリームと豆乳を温める

「2. 生クリーム」「3. 豆乳」を鍋に入れて、中火で火にかけます。

液面の縁に泡がたってきて、一呼吸おいたら火を止めます。

低糖質アイスクリームとおなじです。

4 卵黄ブラックベリーと生クリームをあわせる

温めた生クリームと豆乳を、少しづつ卵黄に加えながら、泡立て器で混ぜ合わせます。

少し冷ましてからタッパーに入れて、冷凍庫にいれます。

蓋をしてください。

泡立て器で優しくかき混ぜながら、均一にするイメージで。

勢いよくかき混ぜると、泡がものすごく立って、容器に入らなくなります。

5 固めながら、よくかき混ぜる

冷凍庫に入れて凍らせますが、30分ごとに、よくかき混ぜます。

3時間続けます。30分毎にかき混ぜること6回です。

固くなりすぎるとアイスキャンディーメーカーに入らなくなります。時間は硬さをみて早めに切り上げて ください。

かき混ぜることにより空気を含み、なめらかになります。 よくかき混ぜてください。

6 完成

半冷凍状態のアイスクリームをアイスキャンディーメーカーへ入れて、

しっかり固めて完成です。アイスキャンディーメーカーに移してから、4~5時間程度でしょうか。

ブラックベリーアイスクリームのまとめ

昨年、今年と、ブラックベリーを作ってらっしゃる方から大量に分けていただきました。ありがたいことで、大喜び。感謝です。

冷凍してあるのですが、アイスのように加工するのはもちろん、食後にそのまま「アイスの実」みたいに、シャクシャクと食べています。良い香りとフレッシュな酸味、スッキリとした甘さ、そして、100gたべて5g程度の糖質。冷凍で歯ごたえもポリポリとあるので、50g(糖質2.5g)も食べると満足。2キロ程度あるのですが、結構長持ちします。

それにしても果物は、糖質制限的に気をつけている方も多いかと思います。果物が食べられないのは残念ですよね。

けれども果物は水分がほとんどで、糖質の量から言うと、イメージほど多くありません。大雑把に生の果物全体として、100g中の糖質が10g程度。 白ごはんの4分の1、さつまいもの3分の1程度です。そんなに量を食べるものでも無いので、ほどほどに食べる分には、あまり気にしなくても良いのではないでしょうか。

そしてそんな中、ラズベリー、ブラックベリーはさらに糖質が少なく、もはや野菜並み。食べるときの気持ち的な負担感も少なく、嬉しいですね。

糖質量の少なさは、ごぼうの半分程度で、茹でた枝豆とほぼ同程度です。枝豆というと大豆で低糖質。糖質制限ダイエットでも積極的に食べている方も多いのでは。その枝豆と同程度なので、どれだけの量かイメージできると思います。

ブラックベリーやラズベリーは、あの濃い色から、いかにも体に良さそう。抗酸化作用のあるポリフェノールのひとつ、アントシアニンを多く含みます。健康にも良く、老化にも効きそうです。

収穫の際、ラズベリーは軸の部分が取れて、芯が空洞になっているのですが、ブラックベリーはそのまま残っていて、食べると少しポリポリします。少し大きめのいちごの種のような食感。ポリフェノールが多い部分だそうですが、気になる場合はアイスにする前に濾してください。なめらかになります。